ネタを集めて縦横無尽に行動中


by 8, さき(ebimaru)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2016年も今日で終わり

思えば、ちょうど一年前の年末、

昔いた会社の餞別でいただいた藤枝の日本酒が美味すぎて、

「味が変わるから」と一升を二日で飲みきったところ、

案の定酔い潰れて元旦早々二日酔いで始まった2016年。


f0378998_22425277.jpg



これが問題の酒。



頂き物なので詳しい事情は分かりませんが、

なかなか手に入りにくいものだそうです。



ラベルも「力強いゴールドの筆文字」で貫禄があります。



そして、あまりの美味しさに、

課題のマイブランディングに入れ込んだという(笑)





さて、2016年を総括しますと、

前半は辛い事ばかりでしたが、

後半は勢いのまま新しい世界に飛び込み、

良き環境・良き仲間に恵まれて、

少しずつ上昇しながらここまで来れました。


まだまだ準備段階ですが、

来年は良い結果が出るようにしていきたいです。





2016年最後の写真はこれをチョイス。


f0378998_22471993.jpg


ローストビーフのシズル感。


ソースが垂れてしまってます!




では、皆様良いお年をお迎えください。



*******************************










[PR]
# by ebimaru15800 | 2016-12-31 07:00 | 6. 趣味(それ以外) | Comments(0)

◇おまけ◇


筆ロゴ3)の「亀甲苑」。


何の店かと言いますと、

名古屋コーチンを手軽に楽しめる店です。


f0378998_17444420.jpg


古民家を移築した古いたたずまいも良いです。



f0378998_17174749.jpg


↑ひきずり(すき焼き)


(ちょっとシズル感っぽい写真?)




f0378998_17175629.jpg


焼き鳥



宿泊もできて近くでパラグライダーもできるみたいです。

(食事のみもOK)


難点は、

場所が分かりにくく、道が細くて険しい山道

でしょうか。


それでも行く価値はあると思います。



f0378998_17181014.jpg


↑お店のにゃんこになつかれて食べさせてもらえない人の様子。




f0378998_17182175.jpg


最終的にお店の人に強制連行されていきました。。。



なにはともあれ、

非日常な空間を味わえます。




******************************














[PR]
# by ebimaru15800 | 2016-12-18 15:46 | 6. 趣味(それ以外) | Comments(0)

書体散歩/筆ロゴの看板

今回のミッション、

「筆ロゴ」3点を紹介します。


3点ともベーシックなロゴ以外でまとめました。




1)「くらさわや」(由比の桜海老 有名店)


f0378998_15115196.jpg

f0378998_15115998.jpg



割とあっさり、そして文字の間が均等配置

→一流のお料理が出る印象

 海外とかの高級ブランドのロゴと同じ印象を受けました。


「く」と「や」が太め

→信念を持っている印象





2)「夏菜子のからあげ」(志都呂イオン近く)


f0378998_15121719.jpg

f0378998_15260165.jpg




実は、

脱力系ミッションのときに入れるか迷ったロゴですが・・・



肩の力が入っていない部分と力強い部分が混在

→力強い部分は「唐揚げ」というこってりした印象

→肩の力が入っていない部分は「カジュアル」な印象


そして、原色の色使いがさらに

これらのイメージを強調させます。



そのロゴ通り、

唐揚げのボリュームは、なかなかのものがあります。




※ちなみに、

店名は浜松出身某グループの方にあやかってつけたそうです。

(ネット上での噂)






3)亀甲苑(愛知県豊田市)


f0378998_17115837.jpg



f0378998_17120441.jpg



f0378998_17171329.jpg



「亀」が旧字体。

古くてレトロ。


ちょぃちょぃ、っとこじんまりと書かれている。

大規模なお店ではなく、隠れ家的な存在。


字面が四角い。

真面目、誠実さを感じる。



※店の内容は別記事にしました。





<まとめ>

「筆ロゴ」と一言で言っても

いろんなバリエーションがあって

昔の筆ロゴは、筆書体そのままだったり、

今や時代遅れ的な「毛筆体」だったりしましたが、


ヘタ字ダサ字に変わって出てきた

「脱力系」のトレンドに乗っかって、


「脱力系」の要素を持った「筆ロゴ」も

出てきているのかなと感じました。


癒されたいんですよ、きっと。


そして、書き方でカジュアルな印象にも

振ることができるのだと感じました。



あと、

もっと可愛い系の筆ロゴがあるはずなのですが、

見つからず。。。


前回ミッション時にUPした「ぷちぽち」は

可愛い系かな、と。



どっちかといえば、

街とか都市部に出た方がありそうですね。


たとえば、

「ちょっとハイセンスで小洒落た和雑貨屋さん」とか

「今に合ったスタイリッシュな着物屋さん」とか

色々・・・



以上です。




****************************


















[PR]
# by ebimaru15800 | 2016-12-18 15:45 | 2. 広告デザイン科 | Comments(0)

文字は語る

教室の本棚で見つけた本のタイトルです。


f0378998_07451490.jpg


書体によっていろんな表情があって、

言葉の意味と一緒(いや、それ以上?)に

語ってくれるのが面白いと、

幼い頃からながめています。



文字はいろんなことを語ってくれます。




*******************************














[PR]
# by ebimaru15800 | 2016-12-15 07:52 | 3. デザイン | Comments(0)

今回のミッション、

脱力系と可愛い系のロゴをUPします。



★脱力系ロゴ


1)富山 ますの寿司ミュージアム「源」


f0378998_23324671.jpg


f0378998_23325533.jpg


一見、シンプルにブランド感がある印象ですが、


そこから「源」の筆で書いたような力加減が

脱力感があるように思います。




こちらのミュージアムのメイン商品はこちら。



f0378998_23330854.jpg



f0378998_23331964.jpg

富山名物「ますの寿司」

パッケージの側面にもロゴがあります。





2)江ノ電ポスター(江ノ電の駅に掲示)


f0378998_23334399.jpg


f0378998_23335398.jpg


真面目さの中に空気の抜け感があります。


よく見ると、「電」の字が簡略化されています。




---------------------------------------------------------------------




★可愛い系ロゴ


ちょっと悩みましたが

「可愛いとは何?」と考えた結果、

「大人可愛い系」下記2点に絞りました。



1)「ぷちぽち」

平安神宮・京都市美術館近くの焼き菓子屋さん


f0378998_23340912.jpg


f0378998_23341919.jpg


脱力系に入れるか迷いましたが、「パッと見た印象」で、

濁点の◯が大きくて間伸びしたところに目がいくので、

可愛い系にしました。




2)遠鉄西鹿島駅のバンビツアーロゴ


f0378998_23342956.jpg


わたくしが存じ上げていないのですが、

昔のバンビツアーのロゴでしょうか。。。




バンビというと色々なキャラクラーに出てくることもあり、

可愛いイメージがあるのですが、


「ン」「濁点」等の上の点を丸に置き換えるだけで

可愛く親しみのある印象に変わります。


あくまでも大人の利用が多いパックツアーになるので、

最小限にとどめたような気がします。






<脱力系のまとめ>


基本は、明朝体・ゴシック体等があって、

そこから手描き風に崩す。


言い換えると、

緊張していた人が気を抜いたような印象があります。



癒しを求める現代の象徴だったり、

真面目で固いものだったが、

親しみを込めたものであったり、

受け手側に歩み寄った気がします。





<可愛い系のまとめ>


一番のポイントは「丸の要素」があるところです。

とにかく「○」があると可愛らしく見えます。






★おまけ


静岡百景 タイトルロゴ



f0378998_18123840.jpg


f0378998_18095492.jpg



十分「脱力系ロゴ」なのですが、

「パッと見た印象」で直線に目を引かれるので、

次点、ということにしました。



※ちなみに、今店頭に出ている文庫サイズのロゴは

ゴシック体です。

(ん〜、なぜ変える?)




それにしてもしかし、

「書体デザイナー」の特集やっていたんですね。

見たかったです・・・・・・・・・。



****************************************












[PR]
# by ebimaru15800 | 2016-12-05 06:45 | 2. 広告デザイン科 | Comments(0)